東京再発見!東京人の東京観光

サンシャイン60展望台

TOP東京のいいところ ≫ サンシャイン60展望台

サンシャイン60展望台


池袋のランドマーク、サンシャイン60ビルの最上階にある展望台です。

『日本一高いビル』の座は譲ったものの、今でも都内の超高層ビルの中では特に高いビルの一つで、屋内展望台の高さとしては都内一だそうな。周囲に同等の高層ビルがなく、最上階の全てを展望スペースにあてているため、360度の展望が開けて見れます。また、展望台から階段で上がれる屋上施設・スカイデッキの存在は、今でも超高層ビルの施設としては珍しく、海抜256メートルという高さの屋上と東京の展望が体験できます。

展望台からの眺めは地上での眺めと違い、あまり四季を強く感じることはできないのですが、その日その日の気象状況などによって見えたり見えなかったり変化するものがあり、その時々の楽しみ方ができます。その最たるものが茨城県牛久市の牛久大仏で、空気が冷たく乾燥し、風が強く、大気中の塵が少ない午前中に北側窓から地平線上にうっすらと見えます(肉眼だと見えるか見えないかのギリギリの見え方です)。

北側には展望台付属のコイン双眼鏡が一台設置されているので、それで見るとゆらゆらと揺れる陽炎の中に南を向く牛久大仏が見えます。都市部の展望台から見えるものというと住居やビルなどの四角い建物がほとんどですが、そんな中に人型の物体が見えると特別な感触を覚えます。

この牛久の大仏。よほど天候に恵まれない限り見えません。逆に言えば、この大仏が見える日は優良な展望日和と言えるのですが、仮に見える時でも、遠方から来場したほとんどの方は気付かずに通り過ぎてしまいます。

他、良好な展望日和の日には、横浜ランドマークタワーやベイブリッジ、東京湾や房総半島、東京湾を横断するアクアラインの換気口である風の搭、筑波山など、見えるものを挙げればきりがありません。

年間イベントとしては、初日の出や、年に二回、富士山の頂上に太陽が沈むダイヤモンド富士、夏の浮雲や周辺で開催される花火大会台風の日の景色、秋の名月などで、天候良好な日に見えるものがあります。

近年では、六本木ヒルズ展望台や都庁展望台などの人気からか観覧者は少なく、普段日ならばガラガラに空いているので、ほとんど独占状態で利用できるでしょう。地元住民向けの利用法ですが、年間パスポートを購入し、いつでも利用できる状態にしておけば、天気や気分次第で上れて貴重な体験が積めると思います。

夕方からはアベックが多くなりますが、窓際に外向きに設置されたカウンター席があり、ビール等も販売されています。

残念ながら東京のシンボル・東京タワーは他のビルに遮られてさほどよくは見えません。一方で、レインボーブリッジの一部やフジテレビがビルの間から見えます。

東京スカイツリーはよく見えるはずです。

東京都内の展望台

六本木ヒルズ 森タワー展望台 / 東京都庁展望台 / 東京タワー展望台 / サンシャイン60展望台 / 世界貿易センタービル展望台 / お台場 テレコムセンター展望台 / 文京シビックセンター展望台 / カレッタ汐留 46階展望スペース / 新宿センタービル展望台 / 新宿住友ビル展望台 / 新宿NSビル展望台

基本情報

開場時間

午前10時~午後9時30分(入場は営業終了時刻の30分前まで)。スカイデッキの利用は主に土日祝日。

休場日

そういえばここの場合、休場日というのは聞いたことが無い。1月1日には初日の出見物で開場される。

入場料

大人620円、こども(4才~小学生)310円
(展望台・水族館セット券 大人 2100円 / こども(4才~小学生)1100円

みどころ・施設・オススメ
・いっとけ・見とけ

窓際ギリギリに接近して直下が見れる観覧スペースが数ヶ所設置され、スリルある眺めが体験できる。60階建てという超高層ビルにして屋上に出られるという「スカイデッキ」は体験すべき。2007年現在、高層住宅が出来始めているが今のところ展望に影響はあまり無い。展望台には軽食が食べられるカフェ・レストランが一店舗あり、ビールも飲める。他、土産物店、似顔絵、簡単なゲームやプリクラあり。

オススメの楽しみ方

遠くまで見通すには、寒くて空気が乾燥し、風のある晴天日午前中が良いようだ。しかし、これだけの条件が揃わなくてもその時々の条件で最高の楽しみ方があると思う。例えば、夜景を見るにあまり遠くまで見通せる必要は無い。夕方、日没を見ながらの風景では、日中の明るさの中の街並から夜の暗い中のネオンへの移り変わりが面白い。

その他

北側はあまり都市景観は期待できないが、7月下旬の足立花火大会は展望台からかなり良く見えそうな気がする。

場所

東京都豊島区東池袋3-1-1
℡03-3989-3457

URL http://www.sunshinecity.co.jp/
交通
電車
■東京メトロ有楽町線・東池袋駅から徒歩10分ほどでサンシャインシティの展望台エレベーター入り口に。■JR池袋駅よりサンシャイン60通りと地下道を通って徒歩15分くらい。■東京メトロ・東池袋駅下車、徒歩10分弱。
首都高速がビルのすぐ下を通っており、東池袋出口から地下駐車場に直結。 (1,800台収容/24時間営業/30分250円) ※駐車場フロント サンシャイン60ビル地下2階 TEL.03-3989-3452
駐車場

サンシャイン地下有料駐車場あり。

周辺情報

展望台を降り、サンシャインシティ内に戻れば飲食店など何でもある。サンシャインシティ外部ならば、地下鉄・東池袋駅方面1階出口の目の前には24時間営業の西友が、その先には豊島区立中央図書館が、さらに進めば、高速道路高架下にラーメンで全国的に有名な東池袋の大勝軒もある。地下道から池袋駅方面に進むと東急ハンズがあり、複数の大手家電量販店の存在もあって実に様々な活動に便利な地域と言える。

/*商品*/