東京再発見!東京人の東京観光

銀座の歩行者天国と銀ブラ

TOP東京のいいところ ≫ 銀座の歩行者天国と銀ブラ

銀座の歩行者天国と銀ブラ


土日祝日に銀座で実施される歩行者天国です。銀座の象徴『和光の時計台(銀座四丁目)』を中心に延びる中央通り(銀座通り)が車両通行止めになり、品格のあるあの通りが通りごと歩行者専用道路になります。

場所は、「銀座通り口」から「銀座八丁目」までの区間。時計台付近では車道にパラソルとベンチが設置され、銀座散策の足休めの場になっていました。

歩行者天国というと『秋葉原』や『原宿』を思い出すんですが、原宿の歩行者天国は今はもう無くなり、路上で賑やかに踊るグループ等のパフォーマンスはもう見られなくなりました。

ちなみに、『銀ブラ』という言葉は『銀座をブラブラしにいく』という意味なんだと思っていたのですが、語源は『銀座でブラジルコーヒーを飲む』であるという説があります。銀座周辺には著名文化人らが通った歴史あるカフェが今もあり、その一つのカフェ『パウリスタ』が銀ブラ語源の地なんだそうな。

地図と場所


より大きな地図で 東京のいいところ を表示

基本情報

実施日時
4月~9月
土日祝の12:00~18:00
10月~3月
土日祝の12:00~17:00