新宿御苑の紅葉が見頃に

新宿御苑では毎年11月中旬になるとカエデやイチョウの紅葉(黄葉)がピークを迎え、紅葉狩りの人達で賑わいます。 >>記事を読む

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

平成27年(2017) 12月17日 日曜日


お台場 ドリーム よさこい11月
秋にお台場一帯で開催される『お台場スーパーよさこい』です。複数の会場をたくさんのチームが巡回するようにまわりながら各会場で踊りを披露します。≫記事を読む

世田谷ボロ市(1月・12月の15・16日)12月
世田谷 ボロ市とは、郷土資料館のある世田谷代官屋敷前の通称 ボロ市通りを中心に開かれる400年以上の歴史ある楽市で、東京都無形民俗文化財に指定されている青空市です。≫記事を読む

入間航空祭11月
毎年11月3日に埼玉県入間市の航空自衛隊入間基地で開催される『入間航空祭』では、名物・ブルーインパルスの華麗な飛行や戦闘機等の地上展示が見られます。≫記事を読む

秩父の夜祭り(埼玉県秩父市)12月
秩父の街が一年で最も熱く燃える秩父神社の夜祭りは、日本三大曳山(ひきやま)祭の一つです。≫記事を読む
神宮外苑 いちょうまつり11月
東京の黄葉と言ったらまずココと言える場所。青山通りから正面の聖徳記念絵画館へ向かう道の両側に、手入れされたイチョウが一直線に並んでおり、黄葉の時季にはまるでドラマや映画のワンシーンのような風景を見ることができます。神宮外苑が一年で最も輝く時季です。≫記事を読む
箱根で紅葉が見頃に11月
箱根に行ったことの無い東京人は居ないと言えるくらい、箱根と東京人とは馴染み深い間柄だと思います。ここ箱根は、実は東京から電車一本/100分以内で来れてしまう時間的近所にあり、歴史あり、自然あり、景勝地あり、温泉までありのダイナミックで奥の深い観光保養名所といえます。≫記事を読む
酉の市(とりのいち)11月
酉の市とは、十二支における『酉(とり)』に因んだ日に執り行われる祭礼行事(縁日/祭日)の場に立つ市(商取引の場)の事で、酉の市については毎年11月に大鳥神社といった“鳥”関連の神社の境内で開かれる縁起熊手の市を指し、浅草の鷲神社や新宿の花園神社では、たくさんのビジネスマンたちが『開運招福』『商売繁盛』を願って熊手を買いに訪れます。≫記事を読む
水元公園 メタセコイアの森の黄葉12月
紅葉(黄葉)というとイチョウやモミジ、楓(カエデ)なんていうのを真っ先に思い浮かべるのが私なんですが、ここ水元公園は黄葉したメタセコイヤの群生が見られる都内の名所です。≫記事を読む
小石川植物園 紅葉が見頃に11月
様々な植物が集められている小石川植物園。桜の名所でもありますが、秋には『いろはもみじ』の並木が紅葉して迫力ある秋の風景を見せてくれます。≫記事を読む
旧吉良邸と赤穂浪士討ち入り後の引き上げルート12月
現在は『本所松坂町公園』となっている旧吉良邸跡。忠臣蔵の季節になると、討ち入り後に赤穂浪士らが辿ったルートを辿るウォーキングをする方々が見られます。≫記事を読む
お台場 クリスマスツリー12月
東京の夜景の名所として有名な観光名所であるお台場にクリスマスイルミネーションが加わります。≫記事を読む
小石川植物園 いろはもみじの紅葉12月
神宮外苑では黄色いイチョウの並木が見られますが、ここ小石川植物園では赤いモミジの並木が見られます。有料ながら園内は広大で高低差もあってたくさんの植物とみどころがあるので、ジックリみたらまる一日楽しめるでしょう。立派なイチョウの黄葉も見事です。≫記事を読む
東京ミレナリオ12月
【2006年から休止中】東京駅付近から東京国際フォーラム付近までの『丸の内仲通り』で開催される光のイベント。東京の12月のイルミネーションイベントの中でも最も人気の高いイベントです。≫記事を読む
高尾山の紅葉と もみじまつり11月
東京と神奈川の県境にある高尾山のもみじまつりです。この時はまだまだ紅葉は早かったようですが、山頂付近は真っ赤で散ってるくらいで山頂と麓の差が大きいようです。世界的に有名な観光ガイドブック『ミシュラン』でも高く評価されたそうで、近場で気軽に行ける登山名所と言えます。≫記事を読む
泉岳寺 義士祭(14日)12月
12月14日の忠臣蔵・赤穂浪士討ち入りの日、ここ泉岳寺ではその赤穂四十七士を祭る義士祭が開催され、普段は落ち着いた佇まいの境内がこの日は一転して墓参者らで大混雑します。≫記事を読む