皇居東御苑の菖蒲

東京都心も都心、皇居の東側にある東御苑の二の丸庭園の菖蒲田では6月上旬に花菖蒲が見頃を迎えます。 >>記事を読む

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

平成27年(2017) 07月26日 水曜日


不忍池で蓮の花が見頃に8月
上野の桜は非常に有名ですが、毎年7月8月の不忍池は池の水面がビッシリと覆われるくらいに蓮の葉で覆われ、ピンクと黄色の可憐な花が咲きます。≫記事を読む

うえの夏まつり 蓮の花が見頃に7月
毎年、上野の不忍池一帯で開催される上野伝統の夏祭りです。この季節は不忍池がたくさんの蓮の葉で埋め尽くされ、葉の海の中からは可憐なピンクの蓮の花がポッカリと大輪を咲かせているのが見られます。これだけの蓮の群生は都内ではまず他に見られないでしょう。≫記事を読む

西新井大師 風鈴まつり7月
西新井大師の風鈴まつりは、毎年7月の中頃から西新井大師境内で展示即売される夏の風物詩の風鈴市です。境内に設置された白屋根のテントに、全国各地から集められたたくさんの風鈴がところ狭しと吊るされます。≫記事を読む

麻布十番納涼祭り / 六本木ヒルズ盆踊り8月
毎年8月中旬に港区麻布十番付近で開催される、町を挙げての恒例のお祭り。六本木ヒルズのすぐ近くという場所柄、会場はそれこそもみくちゃになるほどの見物客で道は溢れ、大変な賑わいを見せる。ここは大使館街でもある為、各国大使館主催の露天が出たり、飲み屋街・六本木らしくカクテルやドンペリの露天売りも出される。≫記事を読む
葛飾納涼花火大会7月
あの映画・寅さんでもお馴染みの葛飾柴又。その舞台となった帝釈天の後方、有名な矢切の渡しの乗船場付近の河川敷広場にて開催される花火大会です。≫記事を読む
東京湾大華火祭 お台場海浜公園から8月
毎年8月に東京湾で開催される東京湾大華火祭をお台場海浜公園付近から観覧した体験記。≫記事を読む
浅草寺 四万六千日 ほおずき市7月
毎年7月9日・10日に浅草・浅草寺の境内で開催されるほおずき市です。仲見世通り奥の宝蔵門付近から本堂前境内スペースにところ狭しと露天が立ち並び、売り子たちの掛声が響きます。≫記事を読む
東京湾大華火祭 晴海主会場から8月
毎年8月に晴海ふ頭付近の東京湾で開催される都内で最も人気ある花火大会、東京湾大華火祭を、打ち上げ場の目の前に設置された公式会場の一つである晴海主会場から観覧した体験記です。≫記事を読む
東京湾大華火祭 芝浦ふ頭 レインボーブリッジ下から8月
毎年8月に東京湾のお台場地区で開催される東京湾大華火祭を芝浦側レインボーブリッジ下から観覧した体験記。≫記事を読む
江古田浅間神社の富士塚 江古田富士 お山開き7月
練馬区・江古田駅北口前にある浅間神社の富士塚は江古田富士と呼ばれ、東京都内の富士塚の中では比較的よくその形を残しているもののようで、富士山本山や他の富士塚と同様、毎年7月1日の開山日に開山祭が執り行われ、その際に拝殿後方にある富士塚が一般開放されます。≫記事を読む
鳥越神社 例大祭 鳥越祭り6月
北に上野&浅草、東に隅田川、南に浅草橋、西に秋葉原と、下町の東京観光名所に囲まれた地域・鳥越(とりごえ)にある鳥越神社の例大祭。1350年の歴史があり、その起源は白雉2年(651年)と古く、 東国平定の折にこの地に滞在した日本武尊を偲んで、当時の白鳥村民が奉祀したのが始まりとされる。≫記事を読む
神宮外苑花火大会 軟式野球場から8月
毎年、神宮外苑付近で開催される、日刊スポーツ社主宰の花火大会です。花火は神宮第二球場から打ち上げられ、その周囲にある国立競技場・神宮球場・秩父宮ラグビー場や聖徳記念絵画館前の軟式野球場、いちょう並木などの交通規制区域が観覧場所として利用できます。 ≫記事を読む
高幡不動 あじさいまつり6月
新宿から京王線特急で約30分ほど。新撰組も縁ある府中の高幡不動尊です。毎日定時に決まったお勤めがなされる活動的な寺院で、境内山側に群生する初夏の紫陽花(あじさい)の他にも秋の紅葉の名所でもあります。≫記事を読む
小岩菖蒲園で花菖蒲が見頃に6月
東京と千葉の都県境、江戸川河川敷内にある大きな菖蒲園です。京成本線鉄橋沿いにあるので、京成線車内からでも見下ろすことができます。≫記事を読む
東京湾大華火祭8月
毎年8月の中頃に東京港で開催される、都内で人気最大級の花火大会・東京湾大華火祭を上手く観るコツを紹介。 ≫記事を読む