東京の1月:東京人の東京観光 - 東京生まれ東京育ちな東京人による東京再発見の為の東京観光名所 風景写真体験記

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

東京タワーを階段で昇る

東京タワーを階段で昇る

東京のいいところ > 東京タワーを階段で昇る

東京タワーを階段で昇るって言ったってどこにそんな階段があるんだろう?なんて思っていましたが、答えはエレベーターの後。あの、地上から大展望台(タワー半ば辺りの展望台)までのエレベーターの背後に階段があるんです。タワー正面からはちょっと見えないところにあります。

まずは、タワー下の建物の屋上へ。その屋上から階段が始まります。

大展望台への入場料が必要です。チケットは正面入り口か、階段入り口でも購入できました。入り口ではチケット確認と記念の証明書と東京タワーのノートをいただきました。

入り口を入ると大展望台までトイレが無いので事前に済ませましょう。大展望台まで私の場合、20分くらいだったかな?踊り場毎に景色を見るのと、段々と高くなる高度が貴重な体験です。そんな楽しみながらの昇段であればそれほど疲れることはありません。普段、運動しない方でもよい運動になる気がします。

景色なんですが、残念ながら金網越しです。全てそうです。せめて羽田空港屋上みたいに、写真撮影用の小窓くらいあればいいんですが、よくタワーによじ登っちゃう事件がありますからね。致し方ないんですかね~。

ウッカリ知らなかったんですが、大展望台って2階建てなんですね。大展望台の一階には地上が見下ろせるルックダウンウィンドウカフェがあります。クラブ333のステージもありました。大展望台二階には神社やグッズ売り場がありました。自動販売機は150円なので、飲み物や食べ物は1階のコンビニで買っていくのがいいでしょう。

ルックダウンウィンドウは大好評!これはビルの展望台じゃ出来ない体験です。小さなお子さんや初めて東京タワーに来たような方々に大好評でした。私自身、これは気に入っています。

体験時はちょっと暑く、昇り終えた時は汗だくになっちゃったんですが、青空にタワーの赤が映えるイイ天気でした。ちなみに、日曜日だったのに階段はほとんど人なし。上り下り合わせて5人くらいしか人には会いませんでした。やっぱり労力使う方法は避けるのかな?それともまだ知られてなかったのか。

涼しい季節ならば適度な運動になると思いますが、行きはエレベーター、帰りは階段という方法も良いでしょう。そう頻繁に来ることの無い方には是非体験していただきたい企画です。

東京タワーを登るのに疲れない方法

下る事になるが、展望台への行きはエレベーターを使い、帰りは外階段を下るのはいかがでしょう?達成感は得られないでしょうが。


より大きな地図で 東京タワーの場所とその周辺地図 を表示
説明

昭和33年建造。高さ333m。階段は上下2つの展望台のうちの下の大展望台までで利用ができる。上の特別展望台へ行くには専用のエレベーターだけが手段で、必ず大展望台を経由して昇ることになるので料金は大展望台と特別展望台の両方の料金が必要になる。展望台からの眺めは素晴らしく、近くに高層ビルがあるとはいえ、さして邪魔には感じない。また、特別展望台は大展望台に比べて高いので、眺望は大展望台に降りてくると低く感じるくらいに高く、海面がよく見える。

営業日時

午前9時~午後10時(入場は、大展望台は午後9時45分、特別展望台は午後9時30分まで)

休業日

年末年始(12/29~1/1)

入館料
<大展望台>
大人820円 / 子供420円 / 幼児310円
<特別展望台>
大人600円 / 子供400円 / 幼児350円
施設

東京タワー水族館 / トリックアートギャラリー / 蝋人形館 / ギネスミュージアム

オススメの楽しみ方

最も良いのは桜の開花の時期。東京タワーの開館時間を確認し、その前にまず増上寺を見物。この季節にはお祭りが開催され、徳川将軍家墓所も公開される。増上寺と東京タワーはすぐ近くなので、増上寺見物後はそのまま東京タワーまで歩いて行ける。春休み期間中(?)は外階段は毎日公開されているので、大混雑するエレベーターは使わずに階段で大展望台へ。ゆっくり、踊り場で風景を楽しみながら昇ればさして疲れることもないでしょう。大展望台からは眼下に満開の桜を巡らせた増上寺が見えるはず。もし時間が有り余ったらUターンになるが再度増上寺を抜けて浜松町の世界貿易センタービル展望台へ昇るのもよし。ここは東京タワーと六本木ヒルズビルが間近に見られる名所。

エレベーターは大展望台2Fへと到着するので、特別展望台へは別のエレベーターに乗り換えることになる。よって、特別展望台までの入場料は大展望台と特別展望台の入場料の合算となる。

特別展望台は飲食施設や設備は無し。広さも大展望台に比べたら狭いが、その高さの差は歴然で大展望台よりも海面が広くよく見える。東京タワー周辺は視野を遮るほどの高さのビルもなく、360度、非常によく見える。

場所

〒105‐0011 東京都港区芝公園4‐2‐8

URL http://www.tokyotower.co.jp
交通
<電車>
東京メトロ日比谷線・神谷町駅下車、徒歩10分くらい。都営三田線・芝公園駅か御成門駅から徒歩20分くらいか。
駐車場

東京タワーのすぐ下に大駐車場あり。最初の1時間580円。以降30分毎に290円追加

周辺情報

増上寺まで歩いて数分。

おみやげ/名物/名産

各種、東京タワーグッズあり。東京タワーパフェなるものもあるらしい。

誕生日には証明書持参で大展望台入場料が無料になるそうな。誕生日特典があるそうな。

© 2017 tokyojin.info