東京再発見!東京人の東京観光

葛西臨海公園 初日の出

TOP東京の一年1月 ≫ 葛西臨海公園 初日の出

葛西臨海公園 初日の出


東京都内で、高層ビルにのぼらずに初日の出が拝める数少ない場所であり、あの東京ディズニーランドのシンデレラ城付近から昇る日の出が見られる場所でもあって、葛西臨海公園は東京で手軽に初日の出が見られる最たる名所の一つと言えるでしょう。深夜の初詣の後にここで初日の出を見るのが恒例行事になっているグループもあるようです。

午前6時過ぎにして海辺にはたくさんの見物客がきていました。どうやら皆一様に、ディズニーランド方面から昇る日の出が目的の様子。見物できる場所は海辺やその上の丘などとても広くてたくさんあり、あれだけの車両がありながらも今のところはおしくらまんじゅうにならずに見物できました。

予想する日の出時刻は午前6時50分。風が強く寒いので、防寒対策は絶対必要です。付近には水場や東屋やトイレはあるにはあるが、屋内施設はさほどたくさんある訳ではないので、初日の出当日の天気予報を注視するのは勿論、一応のこと、雨具を持っていけたら安全でしょう。大観覧車は終夜営業していたようで、西なぎさは午前5時開園。これらからも日の出が見られたようです。また、屋内展望台のクリスタルビューは時間限定で利用可能。園内の売店と駅前のファーストフードの営業開始は午前8時頃の模様。

鉄道は年末年始の終夜運行してるし、公園は駅の直ぐ前で至近だし、駐車場は広大なものが3カ所あるし、水場やトイレや屋内施設も利用でき、見物場所は広くて多いので、個人は勿論、家族連れからカップルまでの幅広い層で利用し易いところと言えます。

初日の出の直前直後の駐車場の様子

駐車場は午前2時頃は空き空き状態ですが、時が経つにつれて来園者が増え、入り口ゲートを入る際に小渋滞が発生。最終的にはあの広大な臨時駐車場までが満車になるようです。また、それだけ多くの人が来るが為に帰りは出庫車の渋滞が起き、2018年には30~40分待ちの車を目前にしました。第一駐車場(?)の西側の臨時出口が開かれるので、東京方面に行く場合はその出口の方が便利です。

初日の出見物後の提案

海岸から吹き込む風は凧揚げにとても好適です(若干強いくらい)。初日の出を見終わったら広場に移って凧揚げをする方法があります。ほとんどの人が初日の出を見終わると帰るので、園内は広々と使えるでしょう。ちなみに、すぐ近くの若洲海浜公園では海釣りができます。


より大きな地図で 葛西臨海公園 を表示
特徴

すぐ近くにある東京ディズニーランドのシンデレラ城付近から昇る初日の出が見られる。

日の出時刻

6時50分頃

開園時間

常時入園可能

休園日

なし

入園料

無料

みどころ・施設

クリスタルビューが時間限定で開放。大観覧車は終夜営業。西なぎさは午前5時開園で利用可能。8時頃からは公園内の売店も営業。水族館は閉館。

オススメの楽しみ方

鉄道の深夜運行を利用して大晦日から初詣、初日の出とハシゴ旅してみてはいかがだろうか。

交通
<電車>
JR京葉線葛西臨海公園駅下車、すぐ前。
駐車場

葛西臨海公園の大駐車場が3つほどある。都心部の駐車料金とは違ってとても安い。

周辺情報

葛西臨海公園駅前にマクドナルドと中華チェーン店がある。