東京再発見!東京人の東京観光

ゴールデンウィークの江の島 江の島弁財天 江の島神社

TOP東京の一年4月 ≫ゴールデンウィークの江ノ島 江ノ島弁財天 江ノ島神社

ゴールデンウィークの江ノ島 江ノ島弁財天 江ノ島神社


ゴールデンウィーク中の江ノ島本島巡りは午前中からまるで初詣の明治神宮か浅草寺くらいに弁財天参道が混雑します。江ノ島に渡る弁天橋は歩道は来島者で、車道は駐車待ちの車で一杯になるくらいで、この期間中の通常来島はオススメできません。

海あり山あり歴史あり展望あり味覚ありちょっとした磯遊び・釣りありの景勝地。間違いなく単独でも家族でもカップルでも丸一日楽しめるところ。『(東京近郊の)山なら高尾山、海なら江ノ島』と言えます。

江ノ島の弁財天は日本三大弁才天(弁財天)とのことで、他の二つは滋賀県竹生島・宝厳寺広島県宮島・大願寺だそうで、江ノ島は三つの中で一番、東京に近いところということになります。神社の構えもさすがは海に囲まれたお宮だけあって竜宮城のような門構え。急な崖に建てられているので、参道はくの字に曲がった階段になっており、島内の通路は展望灯台のあるサムエル・コッキング苑や展望広場付近を頂に、昇り下りとアップダウンが続き、急な階段が多く見られます。まさに階段の島。


歌川広重

葛飾北斎

古くから時の権力者や明治の元勲、修行者や風流人らの関心を集め、島内にはその跡や碑や伝承がいくつもあります。それだけの名所である証と言えるでしょう。

一番混雑するのは5月の連休(GW)だそうで、適期は、遠望がきくようなまだちょっと空気が冷たく、だけど屋外でゆったり過ごし易い春先のポカポカ晴天日がオススメかと。島の西側(最奥地)には海越しに富士山が展望できる茶屋があり、カウンター型の張り出しテラスを持つ店もあって是非体験することをオススメしたい。お気に入りの『行きつけの店』を持ってみては?

ゴールデンウィーク(GW)期間中は激混みする

ゴールデンウィーク期間中は江ノ島が一年で最も混雑して忙しくなる期間で、午前中にして島に渡る弁天大橋では歩道は来島者が押し寄せ、車道では駐車待ちの車両らが橋の入口から列を作ります。こうなると島内は参道から終点の洞窟まで休憩所確保も困難になるくらいの飽和状態が想像できるので、休養には到底オススメはできません。

名物 生しらす丼

鮮度が命でその日に獲れたものしか使えず持ち帰りができない『生しらす』は、当地に来た人でしか味わえない名物。是非、味わって帰りたいもの。しかし、島内と江ノ島近郊の海岸沿いの海鮮食堂の多くで食べられるが、近年のメディア報道の影響でどこの店でも1時間待ちの行列ができます。

休園・休業日

基本的に出入りは自由っぽいが、いくつかの緑地帯には時刻制限がなされている。要するに日中のみの利用。

入園・入館料

サムエル・コッキング苑(展望灯台)450円 / 岩屋500円

みどころ・施設・味
オススメ・いっとけ・見とけ

江島神社・辺津宮 / みどりの広場(展望所) / 江島神社・中津宮 / 亀ヶ岡広場(展望広場) / 江ノ島展望灯台 / 江島神社(奥津宮) / 展望茶屋・魚見亭 / 稚児ヶ淵 / 江ノ島岩屋と周辺の磯

オススメの楽しみ方

季節はまだ冷気が多少残る春先から初夏の晴天時が良さそう。展望灯台からの遠望が利き、島の西側からは海越しに富士山が見れる模様。島の太平洋側からも富士山が見える。

URL
交通
<電車>
新宿から小田急小田原線・相模大野駅(江ノ島線へ乗り換え)→片瀬江ノ島駅(徒歩すぐ)
駐車場

http://www.s-n-p.jp

周辺情報

片瀬江ノ島駅前の広場にコンビニ・マック・釣具店あり。観光案内所では江ノ島の絵地図がもらえます。江島神社参道に郵便局ATMあり。江ノ電・江ノ島駅までの洲鼻通り沿いには昔懐かしい射的ボールゲームを扱った本格的な店がありオススメ。

おみやげ/名物/名産

サザエの壷焼き・焼きはまぐり・江ノ島丼・江ノ島そば

お得情報

新宿から小田急線で往復する場合は江ノ島・鎌倉フリーパス購入で江ノ島水族館・エスカー(島内巡り用エスカレーター)・展望灯台・岩屋で割引適用。小田急線各駅の自動発券機で購入可能(一部非扱い)。

その他

五月の連休が最も混雑する模様。よって、そのちょっと前が観光適合時期かと。島へ渡る橋の横の砂地と島最奥の磯地で釣りやってました。

島は西側(稚児が淵側)と東側(ヨットハーバー側)から太平洋側へ出られますが、続けて一周は不可かと。最期、洞窟へと続く幅4mほどの海の回廊に遮られてしまいます。高さもあり、干潮時でも無理。Cの字でなら一周は可能です。釣り、バードウォッチングやっています。

展望灯台には屋内の他、屋上があります。