東京再発見!東京人の東京観光

小金井公園 散り桜

TOP東京の一年4月 ≫小金井公園 散り桜

小金井公園 散り桜


JR武蔵小金井駅からバス代をケチり、小金井街道まっしぐらで徒歩25分。道の右側に一際緑の濃いエリアが見えてくる。それがまさしく小金井公園。

入り口は西口にあたり、西口付近一帯は桜がたくさん植えられていました。非常に数が多く、奥行きの深い公園です。これだけ桜があって広い場所があるのだから、さぞたくさんの花見客が押し寄せたんじゃないかと思ったんですが、意外にもそんなにたくさんの宴会客が押し寄せてワイワイとやったような痕跡がほとんど無かったんです。マナーのすごく良い花見客だったのかな?或いは清掃システムの水準が高いとか。

桜はその奥の江戸東京たてもの園にまで続いています。たてもの園の正面玄関前の両側には大きな桜が一列に並んでいます。この付近、地面も平らなため、たくさんの家族連れが敷物を敷いて食事をしていました。

ところで、JR武蔵小金井駅からバスだと170円ほどらしい(07/04現在 )。

2012年 花見会場からゴミ箱撤去。持ち帰りを呼びかけ。

みどころ・施設

江戸東京たてもの園(有料)

交通
電車
JR中央本線・武蔵小金井駅下車、バスだと10分くらい(?)徒歩だと25分ほど。
駐車場 公園付属のものがある。
方位 江戸東京たてもの園入り口の建物・光華殿は南向き。