東京の1月:東京人の東京観光 - 東京生まれ東京育ちな東京人による東京再発見の為の東京観光名所 風景写真体験記

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

目黒川桜満開 さくらまつり

目黒川の桜満開 さくらまつり

目黒川の桜満開 さくらまつり

都内には川沿いの桜名所がいくつもありますが、中目黒駅の上流付近の目黒川には桜並木があり、桜が満開になる時期にはたくさんの人たちで沿道が混雑します。

JR渋谷駅から東急東横線で2つ目の 中目黒駅 に到着する寸前、目黒川両岸の桜群が一瞬見えます。それに気付いた乗客が駅のホーム端に行っては携帯で写真を撮っていました。ホームが川よりも高所にあるため、見下ろすような位置関係になります。

中目黒駅はちょうど目黒川と平行して通っている山手通りを股ぐような位置にあります。中目黒駅から目黒川までは歩いて数分。桜の時期、みんな目黒川方面に行くのでそれに連れられていけばほぼ間違いないでしょう。

見どころは、中目黒駅近くにある目黒川と蛇崩川(じゃくずれがわ)の合流点付近から目黒川と山手通りの交差点。その向こうにも桜は見えたようにも思えたんですが、ほとんどの人はここで対岸へとUターンしていました。それと、元西郷従道邸のあった 西郷山公園 。現在は目黒区立公園になっていてこの付近は急な坂が多く、西郷山公園は南を向いた斜面の上に位置しています。今でも展望が非常に良く、天気次第では 富士山も見える んだそうです。ここの大広場が花見の大宴会場になっています。

目黒川の桜の特徴は両岸から川面に枝垂れるように枝が伸び、橋の上から川に向かうと向こうの橋が桜の花で見えなくなります。それくらい枝が密集しているんですね。また、川の両岸にはお洒落な店舗が多く、それらを見るのも楽しみの一つに。また、桜まつり期間中は地元の有志の露店も出ます。

川岸では敷物を敷いての花見スタイルは向かないでしょう。そのスタイルは西郷山公園と目黒川と蛇崩川の合流点付近にある広場で見られました 。

みどころ

目黒川両岸に並ぶ桜並木と店舗・露店 / 橋からの風景 / 西郷山公園 / 川と山手通りの交差点付近に赤い橋

交通

<電車>

東京メトロ日比谷線・中目黒駅下車、徒歩すぐ。
東急東横線・中目黒駅下車、徒歩すぐ。

駐車場

西郷山公園入り口に旧山手通りの路上に パーキングスペース あり。コインパーキングは中目黒駅近くの東急付近で確認。

周辺情報

目黒川両岸には個性的でお洒落なショップはあるがコンビニをはじめ普段から馴染み深い飲食店は無い。西郷山公園は入り口にカフェあり。中目黒駅付近に行けばほぼ揃っている。

桜の開花状況

目黒区役所ホームページにある目黒川の水位監視の為のライブカメラで桜の開花状況も見る事ができる。
目黒区役所ホームーページ

© 2017 tokyojin.info