東京の1月:東京人の東京観光 - 東京生まれ東京育ちな東京人による東京再発見の為の東京観光名所 風景写真体験記

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

古代蓮の里で古代蓮が満開に(埼玉県行田市)

古代蓮の里で古代蓮が満開に(埼玉県行田市)

古代蓮の里で古代蓮が満開に(埼玉県行田市)

6月下旬から8月上旬にかけて、埼玉県行田市の古代蓮の里の蓮が見頃を迎え、同時期に蓮まつりが開催されます。

とても規模の大きな公園で、水田や用水路の中に突如として現れたオアシスのような公園。ジグザグな形の木道が設置された古代蓮池を中心に広大な芝生の広場や飲食店の入る施設と50mの展望台があり、訪問者を沸かせます。

地元の方の朝の散歩コースになっているのと、蓮の花は午前中がよいといわれている事もあり、早朝から訪れる人の姿がみられます。

東京から鉄道利用だと高崎線+バスになりますが、当園専用の広い駐車場(祭り期間中は有料)もあり、行田の街や他の周辺観光名所もみるならば車が便利なようです。

服装と持ち物

園内、たくさんの桜の木や施設があるので陰は得られるが、古代蓮池での見物中は晴れていると強い直射日光にさらされるので、帽子は大変重宝するでしょう。服装は白系の明るい色が向き、黒系の濃い服では暑いでしょう。飲食売店施設は9時まで開店しないので、道中でおにぎりや弁当を買って持参する方が自由度が高いかも知れません。車で国道17号利用の場合は、国道沿いにたくさんの各種店舗が続いているので、これの楽しみも加わるでしょう。

経緯 近くの施設の建設の為に土地を掘り下げたところ、できた水たまりに蓮の花が咲いたそうで、調査したところ、土中に埋もれていた大昔の蓮の種が芽を出した事がわかったそうな。
開園時間 公園なので、基本的にいつでも入れるのでしょう。
休園日 なし
入園料 無料

園内情報

古代蓮池の他、広大な芝生の広場や飲食施設、高さ50mの展望台あり。トイレ・水道・自動販売機あり。

駐車場 あり。※祭り期間中は有料
URL https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/
交通
<電車>
赤羽駅から、JR高崎線「行田」駅下車、バス。
<バス>
JR高崎線「行田」駅から。
<車>
国道17号線か東北自動車道を利用(早朝の17号は空いています)。
周辺情報 ■古代蓮の里の周囲はほぼ水田で、最寄りのコンビニまでは車の距離。■金象嵌の文字が刻まれた鉄剣(国宝)が出土した稲荷山古墳のある さきたま古墳公園。■忍城。■行田湯本天然温泉 茂美の湯。※施設がとてもユニークです。■ゆの駅 行田天然温泉 古代蓮物語。 ■ゼリーフライ かねつき堂。
名物 行田市のゼリーフライなる食品が聞こえ高いようです。
© 2017 tokyojin.info