東京再発見!東京人の東京観光

不忍池で蓮の花が見頃に

TOP東京の一年東京の8月 ≫ 不忍池で蓮の花が見頃に

不忍池で蓮の花が見頃に


上野で花といったら桜が非常に有名ですが、毎年7月8月の不忍池は池の水面がビッシリと覆われるくらいに大きな濃い緑の蓮の葉で覆われ、ピンクと黄色の可憐な花が咲きます。

蓮の花は早朝に咲くんだそうです。それを当て込んで、土日や祝日になると三脚にカメラを取り付けた多くの見物人やカメラマンが明け方や早朝から訪れます。

蓮は 「三日花」 と言われてるそうで、早朝に花を咲かせては昼頃に閉じ、これを3日間繰り返して散るんだそうです。その後は中心の黄色い部分(果托)が葉と同じ緑色になり種が出来、やがては枯れて種が落ちるのでしょう。その果托の部分が蜂の巣のようなので「はちのす」→「はす」となったとの説。なるほど、なんだか有り得そうな気がします。

蓮の花は7月はじめから咲き始め、同月終わりから8月上旬が見頃の最盛期のようです。

現地の様子

蓮の花が咲く池を見るように数基のベンチが設置されています。自動販売機あります。コンビニは若干離れている印象ですが、駅を利用するなら近くにあるでしょう。雨が降ると雨宿りする場所がほとんどありません。周囲にはアメ横など繁華な街ですが、早朝には営業している店は皆無です。常設の公衆トイレがあります。個室は少々、ゴミが散乱していたりもしますが、使えなくもないでしょう。

服装/装備

早朝に行く場合でも晴天の場合は直射日光が強いので、広いツバ付きの帽子の持参をオススメ。また、浮き橋の上は朝露で濡れているので、滑りにくく水分に強い履物が向いているでしょう。雨具持参をオススメ。

2017 7/17、梅雨の最中で通り雨。蒸し暑い。
2016 たくさんの花が咲く「当たり年」との評判に。

より大きな地図で 東京の七月 を表示
泊まってみたい宿泊施設
ホテル・パークサイド<東京/上野>

ホテル・パークサイド<東京/上野>
不忍池を臨む池畔にあるホテル。弁天堂を真横から見下ろせる立地と景色はなかなか貴重でオススメ。

駐車場

上野公園下と広小路付近の地下に大型駐車場あり。

その他情報 ■午前6時に寛永寺の鐘(時の鐘)が複数回打たれる。■7時?に弁天堂が開堂する。■精養軒 喫茶は午前10時から。■デニーズ上野谷中店は午前7時から。■アパホテル朝食ビュッフェは午前7時から10時まで。