東京再発見!東京人の東京観光

浜離宮恩賜庭園 キバナコスモス

TOP東京の一年東京の9月 ≫ 浜離宮恩賜庭園 キバナコスモス

浜離宮恩賜庭園 キバナコスモス


秋の花というとコスモスを思い浮かべますが、ここ浜離宮では毎年秋になるとコスモスの群生が見られます。

土地の高い都心部でこれだけの規模で楽しめるのはまずここくらいでしょう。花畑の中には通路も通っており、外側から見るとまるで花に埋まっているように見えます。真っ青な秋の空に、オレンジ色のコスモスの色が映えます。また、間近に聳える潮留の高層ビル群との対照が面白いです。

コスモスの季節が終わると来年の梅の時期までほぼ花はお預けです。

春には同じ場所で菜の花の群生が見られます。

紹介 現在でも東京湾の海水を引き干満の差で見える風景の変わる潮入の池は健在。特別名勝・特別史跡。元徳川将軍家の庭園であり、現在でも鴨猟の為の鴨場がきれいに残っている。明治維新の後は皇室の離宮となり、明治天皇とアメリカ大統領・グラントの会見も行われた。当時の模様を伝える絵画が中島の茶屋に飾られている。
開園時間 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日 年末年始(12/29~1/1)
入園料 一般300円 / 65歳以上150円 / 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

みどころ

園内すべてみどころだが、遠方からここまで来て中島の御茶屋を利用しない手はないだろう。500円で抹茶と茶菓子を試すことができる。潮入りの池付近には4つの築山があり、是非登って高所からの展望を楽しみたい。鴨場は都内ではここでしか見られない珍しい施設。規模も大きくほぼ完全に残っており、その使い方や設備を見ておきたい。東京湾岸の水上バス近くに残る石階段は将軍が舟に乗り降りする際に使われた階段で、徳川15代将軍・慶喜が大阪から帰ってきた際にも使われたという、慶喜ゆかりの史跡。

オススメの楽しみ方 当所を単体で観光するなら正面出入り口から入園するのもいいが、浅草から隅田川を下る水上バスが当所を経由し、日の出桟橋・お台場へと通じているので、浅草・お台場観光込みで利用することをオススメしたい。
交通

<電車>

  • 都営大江戸線・汐留駅、築地市場駅下車、徒歩10分。
  • ゆりかもめ・汐留駅下車徒歩7分。
  • JR新橋駅下車徒歩12分。
駐車場 当所付属のものは無し。ただし、大手門近くに公共地下駐車場あり。
周辺情報 大手門付近にコンビニあり。平べったい電通ビルの地下にレストラン街あり。同ビル最上階には浜離宮を見下ろせる展望スペースあり。