東京再発見!東京人の東京観光

巾着田の曼珠沙華まつり

TOP東京の一年東京の9月 ≫ 巾着田で曼珠沙華まつり(まんじゅしゃげ:彼岸花)

巾着田で曼珠沙華まつり(まんじゅしゃげ:彼岸花)


記念写真は通路ではなく、混雑していないところでしませんか?奥の川沿いに良いところがあります。

東京でも彼岸花が満開になる9月中旬頃、埼玉県日高市の巾着田公園では、赤い曼珠沙華(彼岸花)の群生が開花し、多くの見物人が押し寄せて混雑し出します。

実はこの群生地である『巾着田』は特異的な地形をしていて、地図をみればわかる通り、まさに巾着の形に川が流れています。曼珠沙華の群生地はその南側から東側にかけての川沿いの二カ所にあり、一斉に咲いた時の景色は圧巻です。近年ではインターネットの利用が進んだ為に開花情報がリアルタイムでわかるようになり、多くの人が『見頃』の時期に集まる為、普段は人の姿もまばらな西武池袋線・高麗駅のホームや駅前は降車した大勢の見物客らで混雑します。

日照等の関係からか、早咲きと遅咲きとがあるので、混雑を避けるならば土日を避け、萎んだ花の少ない早咲きの時期を選ぶのがよいでしょう。

群生地が広大な場所なので、最も混雑する時でもさほど強くはストレスにはならないでしょう。地元の大きな仮設テントの露店が設置されて飲食物は買えるし、常設ベンチや東屋や芝生の地面もあり、休憩するにしても場所が無いという事もそうはないと思われます。ただし、雨が降ると雨宿りできる場所は【かなり限られる】ので、天気予報を注視し、雨対策をするが憂いなしでしょう。また、川遊びの名所でもあるので、川遊びの準備と格好をしていけば更に楽しめます。日差しが強い日ならば、ツバ付きの帽子も重宝します。

オススメ

■弁当・水筒は持参すべし

弁当は、出発してすぐのところから持参する事をオススメします。空いていればまだ良いのですが、高麗駅までくると買えるところは駅前に出る小さな臨時の売店か途中の民家、巾着の“首根っこ”のコンビニか現地のテント販売しかなく、コンビニ以外は数量限定?また、テント周辺は土が舞って煙るので、川辺で食べたいと思うと長い距離を歩くし、食事時には大混雑するからです。

■川に入れる服装と用意を

彼岸花の群生だけでなく、川遊びも十分に楽しめるし、その川も巾着田の上流と下流とで石の大きさも深さも違います。最上流部には堰(せき)もあってスリルが楽しめるでしょう。短パンと川遊び用の履物、着替える際に使うバスタオルなど持参できたらよりアクティブな楽しみ方ができるでしょう。

■雨の日は

2016年は複数の台風が次々と日本列島を通り、曼殊沙華シーズン直前の巾着田では川が増水し、ドレミファ橋が水没したようです。それでも園内は見物ができるが、道がぬかるむので防水系の靴が向いているでしょう。食事は河原が不向きになるので仮設の大テント内になりそうです。

その他

■西武池袋線の高麗駅から巾着田までの間では、道沿いの農家の方々が簡易露店を出すが、その開店はだいたい午前9時頃からなので、その頃に現地に到着できたら満喫できるでしょう。■川の上流よりも下流の方が河原の石が小さいので、敷物を敷いて座るのに痛くない。■春の菜の花、桜の季節も素晴らしいでしょう。■自転車、ロードバイク置き場は常設駐車場内にあり。■公園管理事務所前に現地にしか売られていない「狭山茶」のペットボトル自動販売機がある。

2018.8 23日、第三回くりフェスティバル開催。24日、早朝は大変空いているらしい。中秋の名月。
2017.9 20日、天皇皇后両陛下が御訪問。
2016.9 22日、複数の台風に引き続き強めの雨で現地はグチョグチョで観覧客はまばらとのネット情報。

より大きな地図で 東京人の9月 を表示
入園料300円。
持ち物・服装帽子、敷物、弁当(現地購入は混雑する)、雨具などと、川遊びできるような格好がオススメ。
交通西武池袋線・高麗駅から徒歩15分くらい。
駐車場現地では常設駐車場(大型専用になる)に加え、臨時の大駐車場が設置される他、周囲の農家・民家で数台規模のものが仮設される。
周辺情報■高麗駅外にトイレあり。臨時の売店も出る。■高麗駅前に農産物直売所が出る。■巾着の首根っこのところ付近の県道沿いにコンビニあり(酒あり)。
URLwww.kinchakuda.com
周辺情報車ならば宮沢湖近くのスーパー温泉『喜楽里(きらり)』が圏内。
その他情報■高麗駅前に1日500円駐車場あり。■この期間はバーベキュー禁止。