東京再発見!東京人の東京観光

昭和記念公園 イチョウの黄葉が見頃に

TOP東京の一年東京の11月 ≫ 昭和記念公園 イチョウの黄葉が見頃に

昭和記念公園 イチョウの黄葉が見頃に


中央本線立川駅にほど近い昭和記念公園は、紅葉だけでなく、池や広場や園内を走るパークトレイン(路上トロッコ列車)、お洒落なショップやサイクリングコースなどもあって、子供から大人まで丸一日楽しめる国営の広大な公園です。徒歩でも車でも行き易いところなので、イベント開催時や花の見頃に是非オススメです。

園内には神宮外苑いちょう並木のようなところが大小複数あり、盛りの頃ともなるとたくさんの人が見物に訪れます。特にオススメなのが、入園チケット売り場のある入口を入ってすぐのところのカナールと呼ばれる噴水とイチョウの並木。ハイセンスな石畳に手入れの行き届いた黄色いイチョウがずっと奥まで続いています。真っ青な秋空の下の黄色く染まった黄葉は清々しく見事な風景です。

イチョウと同時に日本庭園の紅葉(もみじ)が色付き始めます。広い池を中心とした日本庭園にはモミジが多く植えられており、陽の当たり方によって真っ赤なところとまだ黄葉前の緑葉、中には緑から赤への変化の途中の葉までが見られます。この公園の紅葉は手入れが行き届いていて状態がよいので、これらが一斉に紅葉した様子はとても美しく圧巻です。

初めての方ならば、まずは貸自転車か園内を一周するパークトレイン(有料)に乗って園内を一周してみる方法を提案します。園内はサイクリングコースが充実しており、とてもよい運動になるでしょう。一方、パークトレインならば広大な園内を巡るのに足を使わずに済むので、特に高齢者には適しているでしょう。まずは全体を見て周ってから、気に入ったところを個別に巡っては?

入園は有料なので、開門をちょっと待つくらいの気持ちで現地到着し、できれば閉門まで一日かけて利用したい、東京の名所です。

服装

この季節は太陽の光が当たれば空気が冷たくてもポカポカと温かいが、日当たりが弱いと若い人でも寒く感じる気温になります。フリースのような保温着と風を通さないウィンドブレーカーで上手く調節できるよう配慮出来たら最高です。

参考URL 昭和記念公園公式webサイト