東京再発見!東京人の東京観光

六義園 藤代峠のヤマツツジが満開に

TOP東京の一年4月

六義園 藤代峠のヤマツツジが満開に

都内都心部で最たる大名庭園の一つ六義園では毎年5月のはじめ頃になるとツツジが見頃を迎えます。

ツツジの主な見所は藤代峠と呼ばれる山の付近です。どちらかというと山の下から見る方がたくさんのツツジが見渡せるようです。山の頂は広くはなく、頂までの道も多くはないので、入園者が多い時間帯には少々混雑します。

この季節、新緑もとてもきれいです。気温は暖かく、日差しは強くなる季節でもあるので、帽子や日傘が役立つでしょう。

5月4日(日)は「みどりの日」で無料入園日です。
5月5日(月)は「こどもの日」で中学生以下は無料です。

基本情報

由縁

江戸時代に五代将軍・徳川綱吉の信任厚かった川越藩主・柳沢吉保が元禄期に築いた回遊式築山泉水庭園。和歌を基調とし、名称にある「六義」とは漢詩や和歌の6種類の分類による。江戸時代の大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者・岩崎弥太郎の別邸にもなった。最近では毎年4月に満開になる正門のシダレザクラのライトアップが有名で、周辺が大混雑するほどの観覧客でにぎわう。

開園時間

午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

休園日

年末年始(12/29~1/1)

入園料

一般及び中学生300円 / 65歳以上150円 / 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

みどころ

園内に複数ある常設の茶屋は是非利用したいところ。東京都心部でこれほどの景色をみながら一服できる茶屋や喫茶店は一般にはあり得ないでしょう。

オススメの楽しみ方

土、日曜日、祝日の午前11時・午後2時から開催されるボランティアガイドが素晴らしい!いきなり参加するのではなく、自力で一通り園内を巡って理解してからが特にオススメ。単独では気付けないような深くて広いお話が聞けるでしょう。

URL https://www.tokyo-park.or.jp/
交通
電車
JR山手線・駒込駅下車、徒歩10分ほど(染井門)。
駐車場

当所付属のものは無し。

周辺情報

■駒込駅前ロータリー付近に馴染みの飲食店等あり。■旧古河邸まで徒歩20分ほど。

 なかなか便利な駐車場予約サイト