東京の1月:東京人の東京観光 - 東京生まれ東京育ちな東京人による東京再発見の為の東京観光名所 風景写真体験記

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

増上寺の節分 豆まき:節分追儺式(せつぶんついなしき)

増上寺の節分 豆まき:節分追儺式(せつぶんついなしき)

増上寺の節分 豆まき:節分追儺式(せつぶんついなしき)

東京都心部で豆まき行事が行われる神社寺院の中でも特に規模が大きく盛大に開催される節分名所の一つが、東京タワーのお膝元にある芝の増上寺です。

節分とは、春夏秋冬の季節の変わり目(移り変わる節目)をいいますが、特に冬から春に移る立春の前日をさします。節分の夜には邪気を払って福を迎えるために豆まきを行います。

正午前の開始時刻になると、落語家の方々の活気ある楽しい司会と共に、華やかな衣装をまとった僧侶や幼稚園児や江戸時代の伝統的装束である裃(かみしも)に身を包んだ一般年男年女の方々らが、増上寺正面の三解脱門から境内に入るお練りを開始します。

お練りの列が本堂に到着すると、本堂前に特別に設えられた舞台の上で餅つきが行われ、続いて、一般の年男年女の方々らによる福餅まきが始まります。「福は~うち!!」

この時から、会場は撒かれた福餅を受け取ろうとヤンヤヤンヤの大盛況になります。

福餅まきが終了すると、舞台には赤鬼・青鬼・黄鬼がやってきて幼稚園児らが果敢に豆を撒いて鬼を退治する鬼問答が始まります。「鬼は~そと~!」

鬼がなんでこういう顔をしているかというと、鬼門の方角=丑寅(うしとら)だからなんだそうです。牛と虎を混ぜたような顔が鬼と言われれば確かにそんな感じです。

その後が芸能人・著名人・力士らによる豆まきです。なかなか生ではお目にかかれない、誰もが知っているような方々で、各方面にて活躍している方々と活気のある場所を共有するだけでも、自分の運気が上がるような気がします。

最後は江戸東京らしく、手締めで終了。一連の行事は、午前11時45分から約1時間ほどで、13時過ぎには終わり。邪気払いや活気と威勢とでたくさんの福が得られて、今年の節分も充実して終わり。明日は立春です。

節分・豆まきの行事は二月の東京で開催される行事の中では最もオススメの行事で、都内各所にある神社や寺院で一斉に開催されます。

充分に撒かれます

福餅や福豆など撒かれるものは充分に用意されるので、慌てずガツガツせずに手元に来るのを待ちましょう。豆撒きは4~5回に分けられ、1回が終わる度に福豆取り客らは前後を入れ替わるようアナウンスされ、客らも普通にそれに従っていました。よって、押さないでください。また、落ちた福豆を拾おうとしゃがまないでください。これらもアナウンスされますが、特に前の方は寿司詰め状態でヤンヤヤンヤの活気となる為、倒れるとちょっとあぶなっかしいです。それから、階段では立ち止まり禁止です。また、例え許可されていても、こういった行事に自転車や乳母車を持ち込むのはやめてください。自分の(つまらぬ)志を貫くのではなく、その時々の『場合』を考えてください。福をとりにいって却って怪我や将棋倒しな目に遭って散々たる節分行事にならないよう考え、協力してください。

年男年女は増上寺で福まめを撒こう!

一般の『特別年男・特別年女』の申し込みは、前年の12月には募集が始まります。冥加料は2万円、事前予約制。今年or来年が自分の生まれ干支ならば検討してみてはいかがでしょう?尚、干支に関係なく参加は出来るそうで、既に複数回参加してきた方もいらっしゃいます。これから温かくなりゆく冬春の季節の変わり目の節分に、盛大に豆をまいて自身の心の鬼を退治し(魔滅:マメ)、同時に福を撒いて良いスタートとしてはいかがでしょう?裃(かみしも)は貸与されます(トイレは着付け前に済ませる事)。

2017 ポカポカ陽気の晴天で風もなく、とてもよい天候下での節分行事に。
2014

当日は日中の気温18度にもなったが、翌日は最高気温ヒトケタという気温変動に。


より大きな地図で 2月の東京 を表示
公式サイト

浄土宗大本山 増上寺

周辺

三解脱門の外にコンビニあり。大門方面にいけば飲食店が多くある。同日に節分行事が行われる芝大神宮は徒歩圏内。

更なる情報

正午前の午前中には、東京タワーの展望台で節分の豆まきが行われる。また、2月といえば梅の花がほころび始まる時期。増上寺のすぐ南の芝公園の端には都内の梅の名所の一つ『銀世界』があるので足を伸ばすのもいいでしょう。更に、大門付近の芝大神宮でも午後から節分豆まきが行われる(2014年)ので、ハシゴが可能。■境内で福豆の販売はあるが、ある内に買わないと直ぐになくなります。

節分名所

増上寺 / 浅草寺 / 神田明神 / 湯島天神 / 池上本門寺 / 高幡不動 / 富岡八幡宮 / 護国寺 / 西新井大師 / 日枝神社 / 亀戸天神 / 新宿花園神社 / 東京大神宮 / 芝大神宮 / 堀之内妙法寺 / 水天宮 / 高尾山薬王院

雑学

東北や北海道では、大豆ではなくて落花生を撒くそうな。

© 2017 tokyojin.info