東京再発見!東京人の東京観光

佐倉チューリップフェスタ

TOP東京の一年4月 ≫ 佐倉チューリップフェスタ

佐倉チューリップフェスタ(千葉県佐倉市)


毎年4月に千葉県佐倉市の佐倉ふるさと広場で開催されるオランダ企画です。本格的オランダ仕様の風車の周囲は一面の畑で、植えられたチューリップが満開になるとたいへん見事なチューリップとオランダ的風景が作りだされます。

風車の内部は階段で上り下りができるような仕様で、オランダの風車の紹介から構造、役割、歴史などの展示がなされ、風があれば実際に運行回転もなされます。(この風車は電気等で動かす動力で動かしているのではないので、風が無い時は動かせないのだそうです。)

中旬の土曜日には、『一夜限りのライトアップ&ミニ花火』もなされるそうです。

現地の様子

現地は、この地の名物ランドマークである本格的オランダ風車の周辺の広大な畑にチューリップが植えられており、オランダ風建築の売店やトイレの施設以外には日陰になるものがありません。よって、晴れて日差しが強ければ鍔付きの帽子や日傘が大変役立ってくれるでしょう。晴れて風が強いと砂埃が気になるところですが、風が全く無いと回転する風車の雄姿が見られません。また、風の向きによってはチューリップ畑に背を向ける格好になる事があります(たぶん、多いでしょう)。駐車場は臨時の有料駐車場が開設されるし、京成佐倉駅北口から直通のバスが通っているので、単独でも家族連れでも本格的なオランダ異国情緒が楽しめるでしょう。車椅子や福祉団体の車両にも配慮がなされています。

履歴

2018

4/13にして花は終盤に。今年は桜の開花と満開早かったが、チューリップも同じか。

概要

佐倉ふるさと広場で日蘭修好380周年を記念し、平成元年(1989年)から毎年行われている祭り。約50万本のチューリップが本格的オランダ風車『デ・リーフデ』の周囲の畑に植えられ、見頃を迎えるとたくさんの観光客でにぎわう。会場では、チューリップの切り花の即売やオランダ衣装の貸し出し、オランダの街で奏でられるストリートオルガンの演奏の他、印旛沼を周遊する屋形船の運航やレンタサイクルや佐倉市の物産の即売なども行われる。

開催期間

フェスタは4月の頭から下旬まで。チューリップの見頃は中旬。

入園・入館料 無料
URL http://www.city.sakura.lg.jp/
交通
電車
京成線佐倉駅北口から送迎バスで終点まで、15分ほど。
駐車場

祭り期間中は現地に大きな臨時駐車場が開設される。

現地情報

■バス停兼休憩・土産施設がある。■印旛沼を周遊する屋形船が発着している。

持ち物・服装等

現地はほぼ一面の畑なので、陽が強い場合はツバ付きの帽子をかぶることをオススメ。

その他

■会場の道の反対側には農産物直売所がある。■イベント用の臨時駐車場の隣に安い民間駐車場が開設される。■売店で、佐倉名物の弁当が2種類売られている。■サイクリングロードが整備されている。■自動販売機あり。

/*商品*/