東京の1月:東京人の東京観光 - 東京生まれ東京育ちな東京人による東京再発見の為の東京観光名所 風景写真体験記

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 twitter about contact

東京人の東京観光

TOP 1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月 tw

加須のジャンボこいのぼり遊泳

加須のジャンボこいのぼり(埼玉)

加須のジャンボこいのぼり遊泳

毎年5月3日の埼玉県加須市民平和祭で会場の利根川河川敷緑地公園で行われる巨大な鯉のぼりの遊泳です。ジャンボこいのぼりは全長100m、重さ330kg、目玉の直径10m。昭和63年に地元青年会議所の協力で作られ、2014年現在、使われるものは4世。会場には朝からマイカーの家族連れが多数集まり、午前中には付近に車の渋滞ができます。

ジャンボこいのぼりの巨体もさることながら、その打ち上げの風景がまた見どころ。巨体をクレーンで吊るすだけでは泳がす事はできず、口から風を吸い込ませないと鯉のぼりは横には泳ぎません。また、風が弱過ぎると泳がせられず、強過ぎるとクレーンに負荷がかかり、風向きを読んで引き揚げても、途中で風向きが変わってハプニングが起きた事もあります。

引き揚げるだけで風を吸わせるのはなかなか難しいようで、観覧にきた大人たちの注目点です。

会場は河川敷なので日陰が全くありません。よって、日傘や帽子、ビーチテントなどの日除け用品の持参をオススメします。堤防の上を歩いて帰ってくる子供たちをみるとほっぺたが真っ赤になっています。晴天の場合は気温も高くて暑くなります。

同時に見頃!玉敷神社の藤の花

玉敷神社の藤の花房は長さ1メートル。藤棚の規模や手入れも行き届いていて大変素晴らしい。期間中は臨時駐車場も開設されるし、ジャンボこいのぼり会場からは直線的な道程で分かり易いので、自動車での見物行ならば是非オススメ。

東京から車で行くとなると・・・

ゴールデンウィーク(GW)と重なり、高速道路下り線は軒並み大渋滞。一般道も国道や県道は似たり寄ったりで至るところでノロノロ運転になります。午前8時の東京出発では既に遅く、現地到着は正午前に。会場近くの駐車場は既に満車で、駐車可能なところとなると会場から無料シャトルバスで10分ほどのところに。ただ、第一回目の遊泳を見終えた出車もあるので、試しに最寄りの駐車場まで行ってみる試みもすべきかも。最寄りの駐車場に余裕を持って駐車するなら、渋滞を回避できる時間帯=早朝とか真夜中に出発する必要がありそう。(2016)

開催日時

5月3日(憲法記念日)
1回目の遊泳:11:30~12:00
2回目の遊泳:13:30~14:00
※荒天の場合は翌日順延

場所

利根川河川敷緑地公園(加須市大越地先)

URL

http://www.city.kazo.lg.jp

交通
<電車>
東武伊勢崎線・加須駅から現地まで送迎バスあり。
<車>
①加須IC「加須市街」方面出口から国道125号線を進み、県道46号線をまっすぐ北上する。
②東北道加須IC「栗橋・久喜」方面出口から国道125号線を案内表示により走行し、大利根水防センター付近の河川敷駐車場へ。駐車場からシャトルバスで会場へ。
駐車場

現地の河川敷に3500台分の駐車場が用意される。

重宝したもの

日傘やツバ付きの帽子などの日除け具、敷物、

© 2017 tokyojin.info